MIWA社製のシリンダーの中でも、特に合鍵が必要のないドアにおすすめのシリンダーです。
メインタンブラーと再度タンブラーの2WAY構造となっていることで、理論鍵違いは1,000億という膨大な数になっています。

ピッキングに関しても複雑な形状のアンチピッキングタンブラーを採用、さらにタンブラー全てが同時に揃わないと回転しないロッキングバーも採用しているため、高い防犯性能となります。

合鍵の作成も難しいので、合鍵を作る予定があると用意するのがちょっと面倒になってしまうかもしれません。
さらにキー複製を防止できるセキュリティ認証IDシステムもオプションで用意されているため、鍵の複製を完全に防止することも可能です。

特にその予定がなければ、コストパフォーマンスをみてもとてもオススメできる鍵の一つです。